2020年04月02日

◆今年度もよろしくお願いします。

今、コロナウイルスで世界は前代未聞の大変な事態です。

飲食店などは客足が途絶え、大打撃。
製造業もグローバル拠点のサプライチェーンが断絶し、
中国からの材料が届かなくなり、物が作れない、
故に仕事ができない、といった悪循環となっています。
半年もたずして飲食店、製造業、サービス業等々、
かなり潰れるところがでるかもしれません。

今まで当然とばかりに
インバウンドの恩恵を受けていた企業も
突然のコロナ・ショックで瀕死の重体に。
逆に、明暗を分けて、
思いがけず増益となったのはインドア関連企業です。

これを機に今まで期待していなかった
ターゲット層までもがインターネット関係、
オンラインゲームやネットTVを利用する事で
ユーザーが急激に増えその市場を拡大しています。

今後の働き方としてテレワークも増え続け、
自宅で過ごす時間が増えることで、
キャッシュレス、5G、AIにVRやドローン等々、
未来のインドア化の加速の波に乗り遅れる業種は
衰退の一途をたどるのかもしれません。

一寸先は闇。
明日、何が起こるか予測不能な時代ではありますが
今後もこいうした動きを注視したいと思います。

今年度もチャレンジセンターを
どうぞよろしくお願いいたします。
posted by 与那嶺学 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187336433
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック