2018年01月04日

新年のご挨拶

みなさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年はどんな年になるのでしょうか?
昨年終盤ではメガバンクで大幅な人員削減計画が発表され、世間に衝撃を与えました。人工知能で仕事が奪われる前哨なのでしょうか?一方で、市内の企業訪問の現場では、相変わらず人手不足がいたるところで指摘されています。
金融機関のトレーダー業務がAIに置き換えられたり、量販店やコンビニなどのレジ業務がスマートレジに置き換えられることも、なんとなく見えてきています。そのうちさまざまな分野で人が機械に置き換えられ、生産性が向上することが考えられます。そうすると、人間の役割はいわゆる管理業務であったり、機械の保守メンテナンスに移行していくでしょう。
管理業務や保守メンテナンス業務以外では、対人サービスやクリエイティブ分野などが、AI以後も残る仕事と言われています。
個人的には、上記で述べたような方向だけに収斂されるとは思っていなくて、もっといろんなことが多元的に起こるような気がしています。それははっきりとは見えいません。
幸いいまの日本は景気がいいらしいので、まだ考える時間があります。
この一年、そんなことをもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。
posted by 与那嶺学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2017年04月03日

今日から新年度がスタートです

みなさん、今日から新年度がスタートしました。
暖かくなり、桜もちらほらという季節になりました。
 
昨年度は、企業をたくさん訪問しました。みなさん、忙しい感じで、人材が不足しているというお話もたくさん出ていました。

でも...すごく景気がいいような感じはしなかったです。

つい最近のネットのニュースのことです。

袋に入っている「だし」をプロが20位までを評価する記事が出ていました。上位の商品数点は私が知らないもので、順位が下がるにつれ、テレビのCMに登場するものが増えていきました。読む側の受け取り方は、「テレビコマーシャルでバンバンやってるけど、だしとしてはたいしたことがないんや」という感じでしょうか。こうなると、一気に信頼が失われてしまうリスクが出てきます。反面、CM打つ財力はないけれど、技術を高めて、きちんとしただしをつくることが評価される可能性も多分にある、といえるでしょう。

上記のだしの話は、私が感じる景況感ものままです。

大きな市場はかなりなくなった。一方で、需要にきちんと向き合う事業者はけっこう多忙になっている。そんな感じがしています。

2017年度も、起業家のみなさんと需要に対してきちんと向き合うことができるよう、精進していきたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

posted by 与那嶺学 at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2017年01月04日

新年のご挨拶

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年は、米国ではトランプ政権がスタートします。また、欧州ではフランス、ドイツなどで大統領選が行われます。
トランプ政権はアメリカ第一を掲げていて、保護貿易の傾向が強まるのではと懸念する人たちもいます。
欧州でも、シリア難民がドイツめがけて大量の難民が押し寄せるなど、難民の受け入れについていろんな議論が飛び交っています。世界は自国中心主義やナショナリズム、保護主義が拡大するのでしょうか?
また、そうなった場合、世界および日本はどのような影響を受けるのでしょうか?
地域の産業や経済にもこのような世界の政治経済の影響は大きく生じると思われます。
今後もこいうした動きを注視していきたいと考えています。
というわけで本年もチャレンジセンターをよろしくお願いいたします。

posted by 与那嶺学 at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2016年04月04日

2016年度もよろしくお願いいたします

暖かくなり桜の花も咲き始めました。4月っていいですね〜。

また、昨年末から2月にかけて卒業会員が2社(スノーウェイ、アクセルブーン)出ました。ちょっと寂しい感じもしますが、新しい出会いに期待したいところです。

世界の経済情勢がやや混乱気味の雰囲気です。不況が来なければいいんですけどね。

センターのイベントは今年に入り、たくさんの方がお見えになっています。企画するこちらとしては狭いテーマのセミナーという自覚があるんですが、反して多くの方がこれらました。今年度も多くの人が参加されることを期待したいと思います。

というわけで今年度もよろしくお願いいたします。
posted by 与那嶺学 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2016年01月04日

「蛍池経済圏」構想

みなさん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、年末の当センターの忘年会の席で、「この蛍池界隈で、経済が動くようになったらええのになぁー」という話がありました。子どものお世話は、どこそこに頼む、飲食はあそこの店で食べる、ホームページはあそこに頼む、そんな感じです。

この話でいいと感じたのは、「顔の見える範囲では、事業者は概ね常識的な行動を取るだろう」ということ。つまり信頼関係を構築する、あるいはそのトレーニングになるだろうということです。日々の暮らしや、ちょっとした業務の発注が地域内で行われる、そんな生活は起業家のみなさんも理想と感じた様子でした。

ということで、今年は「蛍池経済圏」(?!)の形成に向けた取り組みの元年になればとおもいました。
posted by 与那嶺学 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2015年04月01日

2015年度がスタートしました!

みなさん、新年度が始まりました。
寒かったかと思えば、気が付くと桜がほぼ満開になっています。
暖かいだけで、気分がうきうきしてきます。
私はテレビは見ないのですが、プロ野球では広島の黒田投手がメジャーリーグから戻ってきました。
大きな年棒をなげうって約束を果たすために戻ってくるなんて
カッコいいですね。そこまでして果たす約束があるなんて、ちょっとうらやましいです。

今年度もよろしくお願いいたします。
posted by 与那嶺学 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2015年01月05日

あけましておめでとうございます


 みなさん、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 年末から急に寒くなった感じがします。年末・年始は
 歴史的な寒波が来るという予報もありましたが、ここ
 数日暖かい日が続き、なんだかウレシー気分です。

 センターは、11月の産業フェアや 産産学ビジネス
 マッチングフェアが終わり、一息ついたところで年末
 がきたという感じです。
 休みが9日もあったので、カレンダー的にも久しぶり
 の大型休暇になったことと思います。

 さて、景気はよくなったとか悪くなったとか、いろい
 ろ言われていますが、本当のところどうなんでしょう?
 2015年が多くの事業所にとって、いい1年になります
 ように。
posted by 与那嶺学 at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2014年04月01日

2014年度がスタートしました!

みなさん、こんにちは、与那嶺です。年度初めの話題は
「消費税」。年度末はアスクルが混んでるとか、いろんな
噂を耳にしました。駆け込み(需要)ですね。需要の反動
があるとすれば、ちょっと心配です。

一般の家庭や個人の消費はどう変わるんやろ?などと
夢想したりします。 実質値上がりは3%ですが、全部
乗っかると8%。このへんの影響はないんやろか?とか、
いろいろ考えてしまいます。

あと、値上げはどのくらいなんやろか?とか。1円単位
の値上がりなんかになると、釣り銭の用意も大変やろな?
とか。

ひょっとすると、飲食店(チェーン店を想定してますが)
なんかで、「つり銭の用意を俊敏にできる人」なんかの
採用ニーズが高まったりなんかして、とか。いろいろ空
想します。

そんな怖いもの見たさ的な年度の始まりですが、「ホン
マに経済は回復しているんやろか?」というのが、多く
の人の関心事なんじゃじゃないかと思います。
でも、正直よくわかりません。心配ではありますが。


さっ、ちょっと楽しい話題に変えましょう! 
昨年度は4人(社)の起業家が卒業しました。個人的に
は大きなひとつの区切りのような気もしています。

今年度は新しい起業家として下田さんが入居します。
居宅介護支援 (ケアプランの作成) や高齢者の生活
支援(買物代行等)を予定しています。下田さんに続
いて、いろんな起業家のみなさんの入居をお待ちして
います。
posted by 与那嶺学 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2014年01月09日

あけましておめでとうございます

 
 みなさん、あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 昨年度に名称を「とよなか起業・チャレンジセンター」に
 変更し、1年と半年が経過しました。この間、豊中市は
 「中小企業チャレンジ促進プラン」に基づき、中小企
 業支援を軸とする施策を中心に展開するということで、
 チャレンジ補助金の創設や、新たに「暮らし応援ゼミ」
 をスタートしています。
 さらに、昨年末には「とよなか創業ナビ」という創業
 支援の体制を日本政策金融公庫、豊中商工会議所、
 豊中市、当センターを中心に構築していくこととなり
 ました。
こちらのほうもよろしくお願いいたします。

 また、センターではこの数年で「卒業起業家」が目白押
 しで、この1月〜2月に3社が卒業していきます。
 卒業企業を輩出できることは運営の一翼を担う我々も
 「しごと冥利につきる」という感じです。

 それから昨年11月から「デジタル試作工房」がスタ
 ートしています。
 
 もちろん試作で活躍する空間であるのですが、その前
 段階の、「事業や製品の企画」を詰める拠点にしていき
 たいと考えています。
 製品企画や事業のアイデアをディスカッションするワー
 クショップなども行う予定にしています。また、ご参加
 ください。

 それでは、みなさま、本年も当センターをよろしくお願
 いいたします。
posted by 与那嶺学 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

2013年04月01日

2013年度が始まります

みなさん、こんにちは、与那嶺です。
いよいよ新年度が始まりました。なんとなく、ウキウキしています。今年は、デフレからの脱却など、経済の新しい展開に期待されている方も多いんじゃないでしょうか? 企業の給与や賞与の増額などがチラホラ聞こえてきます。うまく成長軌道に乗るといいなと思います。

しかし、材料費の高騰や、特に円安に振れると輸入価格が上昇します。こうした懸念材料が売上の伸びよりも早く来る事業所も多いのではとそこが心配です。

政府では、補正予算を大型で組んで、製造業や起業の支援に乗り出しています。ご関心をお持ちの方も多いかと思います。ぜひ情報を入手してください。これに加えて豊中市や大阪府でも、新年度事業が始まります。

まぁー、こういう施策を事業の中にうまく取り入れることも大事なんですが、日々の事業を軌道に乗せるというベーシックな部分を当センターでは重視していく姿勢に変わりはございません。

ということで、今年度もよろしくお願いいたします。
posted by 与那嶺学 at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コラム